ロシアのファッション事情(冬編)

ロシアのファッション事情、冬編(ロシアといっても広いのでモスクワ、ペテルブルクをご想像ください)。

 

マストアイテムその1

帽子。秋ごろからかぶっていないといろんな人に怒られます。「あら、あなた帽子は?」(詰問調)などと聞かれます。かぶり続けると紙がぺしゃんこになるので年頃の若い人たちは嫌がってかぶらない人もいます。でも突然雨が降ったときとか、帽子のおかげで傘がなくても平気だったりするので、帽子はマストです。

意外と年配の女性に人気なのがベレー帽。皆さんおしゃれにかぶっています。ニット帽よりも様になるし、クラシカルな装いの多い女性には圧倒的人気です。

若い人はやはり極寒期にも備えてニット帽をチョイス。男の人はみんな黒のニット帽をかぶっている印象です。

 

マストアイテムその2

マフラー。首元は絶対冷やせないし、マフラーしていない人もほとんど見かけません。ストールを三角形にほっかむり?みたいにかぶって、帽子代わりにする女性を見ることもあります。これも小顔で顔立ちがはっきりしているから、決まるんですよね。

 

マストアイテムその3

ダウンコート。ダウン持っていない人いるの?というくらいの普及度です。一番寒い時期に都市部にいらっしゃる方は-20度くらいまでを想定されるといいです。毛皮のコートは圧倒的に軽くて暖かいですがもちろんそれなりのお値段。

もちろん一冬をダウンコート一枚では無謀(というか冬が長いのでやっていられない)なので、ウールのコート(春先になると明るいカラーが店頭に並んだりもします)、ダウンもショートとロング両方など、コートもいくつか皆さん手元にそろえているようです。

 

ファッションポイント

ここで重要なポイントをお話しします。

それは。。。

色合いです。コート、マフラー、手袋、カバン、靴、全身のトータルの色バランスが非常に大事になってきます。

というのも、ロシアではわりと色調を統一させる傾向があるのです。青系、赤系、白系といった感じで、マフラー、手袋、帽子を同じ色にすることもよくあります。

もちろん色調だけではなくデザインも、ストリート系とかフェミニン系とかでそれぞれありますが。。。

実際に真似してみるとやはり上品に色がまとまるのです。

何か月もコートをはじめとする完全防備で過ごすロシアの冬。ファッションにもその冬を楽しく乗り切るコツを見出せるのではないでしょうか。

 

調子づいて二つも記事を更新してしまいましたが、参考になればうれしいです。