国際婦人デーで思ったこと

3月8日は国際婦人デーでしたね。

現在ロシアにおりますが、国際婦人デーは日本とは違ってビッグイベント。

いろいろ思ったことがあるので書き綴りたいと思います。

国際婦人デー。カップルの色めき立つ日。女性は男性からプレゼントをもらい、ロマンチックにお祝い。周りもみなネイルサロンの予約をしたり、大忙しの模様だった。

化粧品を売るお店はセールでかなりの値下げで男性の負担を減らしたり。

当日わたしは美術館に行き、帰りがけに立ち寄った店で女性店員から、"国際婦人デーおめでとう"と薔薇を渡された。思いがけず嬉しかった。片手に薔薇を一輪そっとたずさえて歩くのは気分が良かった。たとえわたしにこの日お花をくれる"決まった人"がいなくても、惨めな気持ちにはならないし。

大通りを歩いていたら前方から女性たちの集団が。"私たちはみな姉妹!"とコールしながら進んで来る。警察が囲み、ただならぬ雰囲気。フェミニストの集団だったようだ。せっかく女性であることをお祝いしてもらえる日にどうして文句言うんだろうとその時は思った。彼女たちの趣旨も、家に帰ってニュースで見たけど、よく理解できなかった。彼女たちの何人かは拘束されたようだった。

ロシアは小規模だが男性の日もあり、女性は恋人の男性をお祝いする。平等でしょう。ただ少し思ったのは、3月8日は恋人のいない女性にとっては肩身がせまい。精いっぱいおしゃれして、花束を抱えて笑みを浮かべる女性、それを嬉しそうに眺める男性。これがこの国では国際婦人デーの正しい過ごし方なのだ。その枠外のわたしたちは、女性としてお祝いしてもらえない…一番祝って欲しい人がそもそもいないから。もっとも女性同士でもおめでとうと言い合ったりはするが。

もちろん誰もがパートナーがいるわけでもなし、映画館からは女の子のグループや仲良しおばあちゃんたちが出てくるのも見かけた。せっかくの休日、楽しく過ごしたいものである。