香水の話ー3

調子づいてきたので(?)飽きないうちにこのまま続きを書きます。

ここ5年ほどで試したのは、DiorのMiss Dior Eauと、GivenchyのReve E'scapade、そしてSerge Lutans。Miss Dior Eauはヨーロッパで購入して、帰国して香りの強さにクラクラ…その国の気候とか、人のにおいとか、場所に香りは左右されるのだと初めて知ったきっかけになった。GivenchyのReve E'scapadeは頂き物で、とても軽やかでさわやかな甘さのある素敵な香り。先ほど調べてみたら生産終了になっていてびっくり。さらに一時期ちょっと探した金木犀の香りであることになおさら驚いた。実は手元にあったのに、気づかなかった。勿体ない。

お気づきの方もいるだろうけれど、私はかなりおおざっぱだ。香水は好きだけどもミドルノートが、トップノートが云々とかあまり気にしていなくて(いいのか)、挙句の果てにどんなにおいかもなんとなくのイメージでしか把握していない。いまここで勉強不足を痛感。

 

Serge Lutensはフランス旅行がきっかけだった。記念に購入したLa vierge de fer - 鉄の処女‐はその(中二病っぽい)名前に反し、深みのあるリリーが印象的な香りであった。ほかの香りはどうもぴんと来なかったが、しばらく後にLa fille de Berlin‐ベルリンから来た少女‐のローズの香りも購入。

いくつかのフレグランスはパリのパレロワイヤル店舗限定で、釣鐘型のボトルで販売されている。La vierge de ferもそのうちの一つだったが、オンラインショップ(英語)を見る限り、最近は通常商品と同じくスプレーボトルでも買えるようになったようだ。

ただ日本ではLa vierge de ferの限定販売があったようだけれどそれ以降はスプレーでは買えない模様。

us.sergelutens.com

輸入品は現地のほうが安いとよく言われるが、ルタンスの香水に限っては日本のほうがわずかに安い。10800円(税込)の香水が95€(11,152円/レート:117円/€)なので、スプレーボトルの商品なら日本での購入がお得。やはり資生堂だから?

まあいずれにせよ香水はぜいたく品ですよね。日常をちょっと豊かにしてくれるもの。お財布はまずしくなるけど。TPOを守って(香害、ダメ、ゼッタイ!)楽しみたいものです。

次の記事で今使っている香水について書いて、ひとしきり香水の話は終わりになります。ブログは慣れないので、何をどこまで書いていいかよくわかりませんが、楽しんで続けたいな~というのが今思っているところです。