読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香水の話-2

思い立ったらすぐ派なので、続きも書いてしまいます。

はじめの一歩はBVLGARIだったわけですが、その後は紆余曲折していきます。

高校に入ってからは、POUR HOMMEを買ったフレグランスショップに何度か足を運び、色々な香りを試した。

基準は以下の通り。

①気分に合う香水であること 

②ボトルが可愛いこと 

③頭痛がしないこと 

④予算内であること

我ながら単純でいまと変わっていないことに呆れるが、大雑把なたちなのでこれで満足している。

本題に戻ると、当時特に気に入っていて今でもまた買いたいのは、GIVENCHYのJARDIN D'INTERDIT。爽やかで清潔感のあるフローラルな香りは重宝したし、ボトルもとびきり可愛い。

他にはDIORのFOREVER AND EVER DIOR、この香りも特徴的で結構付けている人をよく見かける。

あと、スーパーモデルのケイトモスの香水。マニキュアの瓶のようなデザインが素敵で、香りも大好きだった。最近は全然見なくなってしまった。